リフォーム業者を比べてより信頼できる会社に依頼

間伐をする理由

間伐材を売ることで費用負担なしで山の手入れが可能になるケースも

田舎では数ヘクタールという広い土地を所有している人も多いのではないでしょうか。山一つが敷地であるというお宅もたくさんあるのが日本という国です。 こういった森林を所有しているのであれば、定期的に間伐はしておいた方がいいとされています。というのも、間伐をせずに森林をそのまま放置しておくと、木が倒れたときに摩擦が起こって山火事を発生させてしまうことがあるからです。 周囲にも迷惑をかけてしまうことになるので、そうならないように間伐はしておくのが普通です。費用はかなりかかってしまいますが、山火事を起こせば消化のために税金が使われることになるので、予防に努めておくことが大事です。 森林組合に依頼すれば安い値段で間伐をしてもらえますし、間伐材を売ることで収入が得られるケースも多いので、支出はゼロで済ませられることもあります。

間伐するまでにかかる年数とは

我が国では昔から林業が盛んで、山間部に行くと数多くの杉やヒノキが植樹されていて、それらの木々を商品価値の高い材木として育てるためには間伐という作業をおこないながら育てていく必要があります。 間伐とは、成長過程のなかで育ちの悪い木や、枯れかけている木々等を間引いていく事で残された木々を商品価値の高い材木に育てていく昔からの手法になります。一般的に植樹をおこなってから最初の間伐を行うまでにかかる年数としては8〜10年かかりますが、その後も5年おき程度に実施していきます。 だいたい4、50年〜70年程度で主伐に至りますが、その間に間伐で伐採された材木の殆どは現在では再利用されることは少ないですが、バイオマスエネルギーなどに活用されるのを待たれています。