リフォーム業者を比べてより信頼できる会社に依頼

塗り壁の魅力とは

ビニールクロスに代わる古くて新しい壁の仕上げ

塗り壁は古くから日本家屋に使われてきた伝統的な壁仕上げの方法です。しかしながら、西洋風の家が人気となったためか、10年〜30年ぐらい前までに建てられた家では、ビニールクロスや壁紙で壁を仕上げていることが多いようです。これはコスト面にも大きな要因があります。職人の技を必要とする塗り壁に対して、ビニールクロスや壁紙などによる仕上げは比較的施工が簡単で、費用も安く押さえることができます。また、色や柄などが豊富にあって選ぶ楽しさがあるのもビニールクロスや壁紙の人気の一因なのかもしれません。ところが最近、改めて塗り壁が注目されています。その理由は、天然素材を原料とし、有害物質などを出さない健康的な点と、調湿効果などによるエコな点にあるようです。

種類はいろいろ。目的に合わせて壁材を選ぼう。

それでは、塗り壁にはどんな種類があるのでしょうか。原料によって塗り壁の種類はさまざまですが、昔からあって一般的なのは「漆喰」でしょう。漆喰は消石灰に砂やのり、繊維質などを混ぜた壁材で、防湿機能が高く、部屋の湿度を優しく調整してくれます。現代の家は密閉性が高いために却って結露を生じたりするようですが、漆喰の壁にすれば湿気をある程度調整することが可能です。もうひとつ塗り壁で代表的なのは「土壁」です。土壁には京都地方で算出された土を使った「じゅらく壁」、のりを混ぜないため外壁・内壁どちらにも使える高級な壁材「大津壁」などがありますが、よく知られているのは「珪藻土壁」でしょう。珪藻土とは海や湖に生息していた植物プランクトンの死骸が埋まった層から採取した土のことで、多孔質なため、匂いや湿気だけでなく、ホルムアルデヒドのような有害物質まで吸着すると言われています。こうした塗り壁材は昔は職人が仕上げるものでしたが、最近ではDIY用に簡単に塗れる商品も登場。家族皆で塗ればさらにエコですし、楽しいのではないでしょうか。

オススメリンク

  • 土金株式会社

    大阪の解体工事をする時は口コミの評判が良い業者に依頼しましょう。信頼のできるところだと安心ですよね。
  • アンテナ工事110番

    アンテナの工事を業者に依頼したいと考えている人はいませんか?それならこちらを参考にしてみるといいです。

壁の色

日本には古くから伝わる塗り壁は、プロの業者がはみ出す事なく丁寧に施工をしてくれます。色を変えるだけでも大きくイメージが変わります。そのイメージを変える為に塗り壁をする人もいます。

詳細を確認する

間伐をする理由

森林をむやみやたらに伐採をすると、二酸化炭素が増えて地球温暖化に拍車が掛かってしまいます。しかし、定期的に間伐を行なうと、山火事などのトラブルを防ぐ事が出来ます。

詳細を確認する

さまざまな役割

自宅の庭に、砂利を敷き詰めている家庭があります。見た目としてはガーデニングの為のようですが、そのメリットを持ちながら防犯砂利としても活躍しています。不審者の侵入を防ぐ事が出来るでしょう。

詳細を確認する

アンテナを設置

地上デジタル放送に切り替わってから、多くの家庭でアンテナ工事が実施されました。アンテナ工事をするには、技術力が必要なので専門業者が大活躍したでしょう。世帯数が減るとその需要も減ると言われています。

詳細を確認する

木の伐採を行なうには

木の伐採を、技術力をもっていない人が行なうと危険です。高い木であれば特に大きな危険性を伴うでしょう。プロの業者に依頼をする事で快適に木の伐採を行えますが、高さによって価格設定されているので確認しましょう。

詳細を確認する